金運が悪い原因はどこにある?

金運が悪い人の特徴

汚い言葉をいう人

金運の悪い原因はどこにあるのか。

 

金運が悪いと感じている人にはある特徴があります。
それは「言葉」に関することです。

 

 

運というのは居心地の良くないところには留まらないと言います。なので、もしあなたやあなたの周りの人が「なんでお金がないんだ」などとネガティブな言葉を発しているのであるなら注意が必要です。

 

そういった言葉は金運を下げることになります。

 

 

昔から「言霊」という言葉があるように、言葉には不思議な力が宿ると言われています。
なぜかというと思っていることを口に出すことで脳はそれを真実だと捉えるようになるからです。

 

つまり、ネガティブな言葉を使えばそれが真実となっていき、反対にポジティブな言葉を使うとそれが真実となっていくのです。

 

 

金運が悪い時には他の環境に原因を探すことをする前に、まず自分の発言に原因がないのかをしっかりと振り返ってみる必要があります。

 

金運がいいと感じている方はほぼ全員が自分は運がいいと口にしている方ばかりです。

圧倒的に足りていない行動力

金運を惹き付ける行動

 

金運を引き付ける一番の方法があります。

 

それは「行動を起こすこと」です。

 

たとえ小さなことであっても、行動を起こすことでいろんなことに気付くようになります。そうすることで普段自分は恵まれている環境にいるということに気付くチャンスをつかむことができます。

 

この行動というのは行ったことのない街に行ってみるというのでも構いませんし、友達と会話するのでも構いません。とにかく実際にその場に行くことや人に会いに行くということが大切です。

 

そうすれば、自分のことだけではなく、その場にいる人や相手のことを考えるようになります。すると、自分ひとりでは気付くことのない考えにたどり着くことができます。

 

 

本来、金運の悪い人などはいないのです。悪いと思い込んでいるから良くなるチャンスを自分の手で逃しているだけなのです。

 

 

金運のいい人になりたいのであれば、小さなことからでもいいので、行動を起こすことです。そうすると次第に目の前にある小さな幸せに気づくことができ、運を引き寄せることにつながっていくのです。